MENU

研修の特徴 ここが違う!
この地域だからこそ積める経験がある!

同級生と差がつく2年間
教育経験豊富な指導医陣と圧倒的な臨床経験

魚沼基幹病院で研修を受けることの最大の魅力。それは、教育経験豊富な指導医陣による究極のOJT*にあります。

新潟大学で学生や研修医を多数指導した経験を持つ医師教員が各科に配置され、県外臨床研修病院で研修・教育経験がある指導医とともに直接指導を行います。

そして、県外からも指導医を招聘し、海外と結んでWebカンファレンスを行うなど、大学病院、臨床研修病院や海外臨床を融合した「いいとこ取り」研修が経験できます。

さらに、魚沼基幹病院の手術件数や出産件数は県内臨床研修病院の中でもトップクラス。したがって、各科ローテーションにおいても圧倒的な臨床経験が期待できるのです。

*OJT: オン・ザ・ジョブ トレーニング(on-the-job training)の略。現場で医療に従事しながら、実践的にトレーニングを行って学ぶこと。

 

これからの時代が求めるもの
総合診療マインドと超高齢社会に必要な臨床力

魚沼基幹病院で研修を受けることの最大のメリット。それは、真の臨床力を身につけるために考え抜かれたプログラムにあります。

超高齢社会では、治療も予防もフレイル対策が重要です。魚沼基幹病院では、認知症対策としての精神科とともに身体的フレイル対策としての整形外科は重要と考えており、1年目には内科、外科、産婦人科、小児科や精神科に加えて、整形外科もローテーションします。 そして、2年目。こうした準備のうえで救急科を回り、フレイル対策に必要な超急性期や急性期を経験して地域医療に向き合うのです。

さらに、総合診療マインドを持つために欠かせない「屋根瓦」指導。魚沼基幹病院は、内科専門研修で聖路加国際病院と、総合診療専門研修で松下記念病院と連携しています。これらの病院から、内科ジェネラリスト感覚や総合診療マインドを持った専攻医が当院をローテーションすることで、臨床研修医の指導にもあたることになります。

 

推奨ローテーション

推奨ローテーション

1.1年目内科24週

総合診療(総合内科)12週+呼吸器内科4週+消化器内科4週+その他専門科4週

2.1年目選択4週

総合診療(総合内科)/外科/小児科/産婦人科/精神科/整形外科から1診療科を選択

3.2年目選択32週

(1)12週

  • 総合診療(総合内科)/外科/小児科/産婦人科/精神科/整形外科のうち、上記「2. 1年目選択4週」で選択しなかった診療科と救急/地域医療から選択
  • 期間は「3診療科4週ずつ」あるいは「1診療科4週+1診療科8週」

(2)20週

  • 内科専門科(上記「1. 1年目内科24週」でローテーションした分野を除く)/脳神経外科/耳鼻咽喉科/眼科/皮膚科/泌尿器科/麻酔科/呼吸器(心臓血管)外科から選択
  • 脳神経外科と皮膚科を含めることを推奨
  • 期間は「5診療科4週ずつ」

 

研修医の1日 - 朝から当直まで -

1:Webカンファレンス

朝8時から米国とWebで結び、研修医が担当患者さんのプレゼンテーションを行います。そして、入院患者さんの診断プロセスやマネジメントについて、ホスピタリストや指導医との間で教育的なディスカッションを行います。

2:救急カンファレンス

Webカンファレンスに続いて救急カンファレンスが行われます。前日に救急外来を受診し入院した患者さんの病状や治療方針について、救急科はもちろん、総合診療科(総合内科)や内科各分野、脳神経外科等の医師が集まって情報を共有します。超急性期を経た後に必要と考えられるチーム医療についても、ここで意見が交わされます。

3:外来診療

外来診療研修では、総合診療科(総合内科)や内科各分野、さらには小児科や外科においても、指導医の下で実際の診療を経験し、入院診療との違いを理解しながら研修を行います。

4:病棟回診

患者さんの朝は、担当医である研修医の回診から始まります。特に内科研修中は、Webカンファレンスを前に病棟を回診して担当患者さんの状態を把握し、米国のホスピタリストや指導医とのディスカッションを経て、診療プランを立てます。

5:手術

外科系診療科の研修では、研修医も診療チームの一員として手術に臨みます。研修期間における実績に応じて、基本的な処置から順次、手術手技に関する具体的な経験を積むことができます。

6:レジデントカンファレンス

心電図や胸部レントゲン写真、さらには身体所見の取り方や治療ガイドラインなど、レジデントに必要な基本的知識や診療スキルに関するカンファレンスを定期的に実施しています。また、県外から招聘した指導医によるカンファレンスや英文論文等を通して学習するジャーナルクラブも実施しています。さらに、心臓二次救命処置のトレーニングとしてICLSコースも実施しています。

7:臨床病理カンファレンス

魚沼基幹病院では、不幸にして亡くなられた患者さんについて、可能な限り病理解剖をお願いしています。そして、その臨床経過と病理所見について整理を行い、診療を振り返り学ばせていただく「臨床病理カンファレンス」は、年2回実施しています。

8:救急診療/当直

研修医の1年目では、内科、外科、産婦人科、小児科、精神科と整形外科等を回ります。そして、こうしたベースをもとに、2年目では救急科をローテーションします。もちろん、その間にも当直で救急診療を経験します。そして、内科系・外科系当直医さらには救急科指導医の指導を受けながら診療に当たります。臨床研修では、病棟や外来と並び、救急診療や当直は重要なトレーニングアイテムになっています。ここでどれだけの診療経験と学習を重ねたか、それが研修の成否を決めると言っても過言ではありません。

 

病院紹介
圏域の医療機関と連携し、日常医療から
救急医療・高度医療まで、地域完結型医療を目指します。

魚沼基幹病院は新潟県魚沼地域の地域医療再編に伴い、2015年6月に開院した病院です。

病床は最大454床(現在は328床にて運用)で、総合診療科を持つ病院の入院病床としては県内最大規模です。1日あたりの平均外来患者数は約790名で、多いときには1,000名を超えることもあります。

また、魚沼圏域の中核病院として、地域救命救急センター及び地域周産期母子医療センターの指定を受けており、救急車の受入れは1日平均6台ほどで、年間約2,200件を受け入れています。圏域内にはスキー場が多数あることから冬期はスキーやスノーボード外傷患者を多数受け入れているとともに、分娩取扱件数も多く年間約680件を行っています。

防災ヘリも離着陸できるヘリポートを備え、ドクターヘリによる救急患者を年間約50件受け入れています。

 

外来患者数と救急車受入件数(通常期、繁忙期別)

  • 通常期 外来患者数 791名|救急車受入件数 6台
  • 繁忙期 外来患者数 1,000名超|救急車受入件数 15台

病床規模:328床(平成31年4月現在)

 

項目 H28 H29 H30
救急科      
救急件数 8,370 8,367 8,594
 救急車受入患者数 2,186 2,302 2,221
 三次救急相当の受入患者数 836 789 726
 ドクターヘリ受入件数(他病院からの紹介) 36 51 51
小児・産婦人科      
NICU・GCU利用実人数 99 102 77
 新生児搬送の受入件数 8 12 9
分娩件数 782 721 677
 帝王切開術(選択帝王切開) 67 71 68
 帝王切開術(緊急帝王切開) 55 53 59
手術      
全科 手術総数 8,504 8,846 9,178
 悪性腫瘍の手術件数 398 382 453
 骨折観血的手術(大腿) 115 105 109
 内視鏡的胆道ステント留置術 72 68 96

 

大学または他院からの臨床研修医受入状況(H31年度以降は予定数)

基幹型臨床研修病院 H28年度 H29年度 H30年度 H31年度 R2年度
新潟大学医歯学総合病院 6 2 3 2 2
県立十日町病院   1 1    
長岡中央総合病院     1    
県立中央病院       1  
合計 6 3 5 3 2

 

臨床研修プログラム

研修の特徴 ここが違う!

魚沼基幹病院の魅力

指導医メッセージ

先輩メッセージ

募集要項・Q&A