MENU

指導医メッセージ
実のある2年間を約束します

指導医からのメッセージ
総合診療科 田中純太医師

田中純太医師

医師臨床研修で大切なことは、正確な知識と的確な判断、そして冷静かつ確実な初期治療を行う力を身につけることに集約されます。

そのためには、緻密な病歴聴取や丁寧な身体診察により必要十分な検査を選択し、プロブレム毎に適切なアセスメントを行って診断およびマネジメントにつなげる…こうした基本プロセスを、とにかく繰り返し学ぶことが重要です。

魚沼基幹病院では、この基本プロセスを徹底的に身につけるとともに、総合診療マインドを持ちながら専門的な診療に取り組む過程も習得し、専門医療と連携を取りながら地域の健康マネジメントに関わることができる能力を醸成します。

医師人生のスタートに相応しい、実のある2年間を過ごしませんか。

指導医からのメッセージ
救命救急・外傷センター 大橋さとみ医師

大橋さとみ医師

魚沼基幹病院の救急科は総合診療科と密につながっているため、当院の医師は急性期から回復期、慢性期に至るまでの経過を自らの目で診ることができるという特徴があります。通常の三次救急対応病院で研修を受けた場合、救急科の役割は急性期のみで、途中から患者さんを診られなくなることが多いのですが、当院の場合は総合診療科というすべての領域の担い手がいることにより、シームレスに患者さんを診ていくことができます。研修医の方々にも、この流れを実体験していただきたいと思います。

救急センターには2名の専門医が在籍し、この2名が研修医の皆さんの指導に当たります。最初は基本的な外傷の見方から学び、気管挿管、胸腔ドレーン、骨盤骨折に伴う血管内治療、集中治療管理などの医療行為も見学していただきます。

救急に運ばれてくる患者さんの状態は千差万別で、スキーでの事故、雪下ろしによる転落、交通事故(頭部外傷・脊椎損傷)などさまざまです。

どこから救急で対応し、どこから専門診療科に渡すべきか的確な判断が求められます。疾患の偏りなくさまざまな患者さんが訪れる魚沼基幹病院救命救急センターでの研修は、そうしたジェネラルな能力も身につけることができます。

救急科では一般的な救急治療のほか、事故による外傷への処置、術前後の脊髄損傷の管理を行い、患者さんの回復後のリハビリ病院への転院までノンストップで見届けることができます。その他、集中治療管理室用のベッドもあるため、集中管理も含めて網羅的に学べます。もちろん、各専門領域には指導役となる医師が在籍しているため、不明点は質問しながら勉強することができます。

 

指導医からのメッセージ
副院長兼呼吸器・感染症内科兼教育センター長 高田俊範医師

高田俊範医師

魚沼基幹病院は、魚沼地域だけでなく新潟県全体の医療体制を充実する役割を担う病院です。ですからぜひ、当院での研修終了後も新潟県内で活躍してほしいと願っています。当院は新潟大学と密に連携しているため、研修終了後の学位取得もスムーズに移行できますし、各科各分野の専門医取得のために必要な患者さんも確実に経験することができます。

また、このネットワークを利用して、患者さんの紹介、逆紹介、診療情報の提供、診断や治療に関する専門的な助言をいつでも受けることが可能です。こうして新潟大学医歯学総合病院に負けない質の高い診療を実施しています。

魚沼という地域でキャリアアップを果たし、新潟県の医療を担うスペシャリストとして活躍してみませんか。

 

指導医からのメッセージ
外科 角南栄二医師

角南栄二医師

魚沼基幹病院の研修プログラムは、食道外科から肝胆膵外科、腹腔鏡手術、乳腺に至るまでさまざまな疾患を経験できます。

外科手術に参加することは、人体のなかを実際にみられるということです。これは総合診療を行う上でも必ず役に立ちます。ぜひ外科研修の経験を活かし、他の研修医には身につけられない知識と能力を得ていただきたいと思います。

外科の研修期間は8週間。年間手術件数は350以上ありますから、大きな手術を目の当たりにすることができるはずです。食道外科から肝胆膵切除まで豊富な経験ができますし、ヘルニアや虫垂炎の開腹手術などは研修医の手で行っていただきます。

これこそ外科での研修のメリットといえるでしょう。魚沼基幹病院は各診療科同士の意思疎通が図れているので、技術だけでなく他科とのコミュニケーション能力も磨かれます。この病院で人生を変えるような出会いが、あなたを待っているかもしれません。

 

臨床研修プログラム

研修の特徴 ここが違う!

魚沼基幹病院の魅力

指導医メッセージ

先輩メッセージ

募集要項・Q&A